ナトコ株式会社

「メカニズム」の解明を目指して

研究所 分散技術グループ

T.Y.

 

名古屋工業大学 大学院工学院研究科物質工学専攻 出身

塗料とは樹脂媒体中での顔料分散系。樹脂と顔料との相性が塗料の物性・性能を大きく左右するがそのメカニズムはよく分かってない部分が数多く存在する。スラリー系での顔料粒子挙動メカニズムを解明し、得られた知見を事業部へフィードバックして塗料開発へ活用している。

ナトコ社員紹介

A certain day:ある日の1日
06:30 起床。
08:00

出社。
メールチェックと最新情報探索。

08:30 体操と朝礼。
08:40

部署ミーティング

少人数の部署ですが濃密に議論。
10:00 実験開始
12:00

昼食。愛妻弁当(オヤツ付き)。

12:45

再び実験。余裕あるときは掃除。5S大事です。

15:00

オヤツ。弁当に付いてたやつ。

15:15 実験再開。
16:00 実験データまとめ。
16:30

特許情報の探索と翌日の段取り。

明日やることをワクワクしながら妄想。

17:00

退社。
19:00

会社のテニスサークル。
戦略と戦術を考慮しつつ、最後は強引に。

21:00

帰宅。
21:30

妻に本日の出来事を報告。

(上司への報・連・相)

22:00

風呂。
仕事とテニスの反省をしつつ深く瞑想。

23:00 就寝。

 

Chance:入社のきっかけ

当時の研究所長(現専務)の一言。「分散メカニズムを根本から研究する部署があるんだわ~」で、決めました。転職前も顔料分散に携わっていましたが樹脂と顔料の濡れ性等、多くのメカニズムが分からないままに製品開発していました。添加剤・樹脂の詳細な作用機構等の初期検討から応用開発まで、幅広い業務ができると思ったので迷わず転職。

Atmosphere of office:雰囲気

「ユニークな発想で新たな価値を創造する」というのがまさにピッタリ。
面白いアイデアの積極導入・新規材料の開発など新しいことにチャレンジし易い雰囲気です。もちろん、やり抜く粘り強さ・ニーズの調査・シーズの深い理解など、個人に求められる資質は高くなりますが、やりがいのある環境です。